白鵬の万歳三唱はそんなに悪いことなのか?

テレビをつければ日馬富士の事件ばかりで、正直飽きました。

とにかく暴力はダメなのは誰でも同じ意見なので、あえて取り上げませんが、私が「ん?」と思ったのは「白鵬 万歳三唱 問題」です。

白鵬 バンザイ三唱

みなさん御存知でしょうが、知らない人の為にあらためて。

白鵬が40回目の優勝インタビューの締めくくりで、自らが音頭を取って万歳三唱を行った事について、相撲協会などのお偉いさんから批判が相次いだ。

私は正直なところ、白鵬が万歳三唱したことが「こんなに叩かれる?」と思いました

ちなみに私はファンでもモンゴル人でもありません。

万歳三唱のもともとの意味とか、そーいうんじやなくてさ。

別に白鵬は自らの優勝を祝って観客と万歳したんじゃないと思うんだよね。

色々な事件があって相撲ファンに心配かけましたけど(これはインタビューの冒頭でも述べてます)、気持ちを新たに頑張っていきますので皆さんで万歳しましょう!みたいな。

もっと言うと猪木の「1、2、3、ダァーーー!!」と同じような感覚で行ったのでは?

だって白鵬は日本で生まれ育ったのではないんですよ!?

モンゴル出身なんです。

頑張ってよくやってるじゃないですか!

プロですから少しだけ観客にサービスの意味でパフォーマンスしても、周りはそれを理解してあげりゃーいいじゃん!

なんて思ってみました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です