医者の本音 – 中山 祐次郎 【読書感想】

ほとんど病院には行かない私は当然のこと、お医者さんの本音などは知る由もないです。

それでも年齢と共に、嫌でもお医者さんと付き合わなければならない。

少しでも医師側、病院側の都合を知る上で参考になる一冊。

医師である著者が執筆した本なので、非常に真実味がある。

また、真剣な話の後に休憩がてらの「医者の年収」「恋愛事情」なんかも興味深い。

いわゆる「袖の下」についても触れている。

病院や医師に不満がある人は、まずこれを読むと良いかも。

医者の本音 中山 祐次郎




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です