GWに北海道へ行ってみた その4 (ライフォート札幌 立地と室内)【旅行記】

やっぱり北海道はレンタカーしょっ!ということでレンタカーを借りました。

GWに北海道へ行ってみた その3 (レンタカーを借りる)

もちろんナビ付なので目的地を札幌の宿泊先である「ライフォート札幌」に定め、いざ出発!

高速で新千歳から札幌に。

1時間くらい運転して到着。

余談ですが、この旅行で渋滞にハマったことは無し。

なぜかというと、北海道は高速も含め、交通集中による渋滞というのはほとんど無いと思います(事故によるものは有ります)。

そういう交通状況から考えると、車の移動でも渋滞が無いので時間が読みやすい、計画が立てやすいのです。

話しを戻して、札幌ライフォート。

札幌駅からは若干離れた「中島公園」の隣に位置するホテル。

近くにはキリンのビール園があったりします。

このホテルの立地は、車で動く私たちにとっては良かったです。

たぶん駅に近い方が宿泊費は高いので、札幌駅からタクシーで1,000円程度離れた場所は駅チカより割安だった思います。

札幌から富良野・美瑛、別な日は小樽へ行く予定を立てていたので、レンタカーは必要。

でも、夜はススキノで飲んだり食べたりもしたかったので、タクシーでススキノまで行けるし、レンタカーを駐車できる駐車場もあるライフォート札幌の立地は都合が良かったです。

続きまして室内チェックです。

シングルです。

ライフォート札幌 室内

枕元には照明のスイッチと目覚まし。

ライフォート札幌 ベッド

清潔感のある室内だと思います。

今回、家族なのにシングルの部屋を人数分予約したのは、その方が夜中にトイレへ行った時に、妻を起こすこともなく、旅の疲れをぐっすりと寝ることで癒すことが出来るからです。

あと、予約が取りやすいということもあります。

ツインの部屋はホテルによっては少ないですから。

続きましてバストイレ

ライフォート札幌 バストイレ

ウォシュレットもついてますし、アメニティーも問題なし。

照明が「明るめ」「暗め」と選択できるスイッチなのは、夜中にトイレで起きたときに「暗め」で用を足すと再び眠りにつきやすいので高評価です。

窓からの眺望は

ライフォート札幌 室内からの眺望

ライフォート札幌 室内からの夜景

こんな感じ。

私の部屋は中島公園に面していたので良かったのではないかと。

さて、3点ほど辛口批評

  1. シャワーの温度調整がムズかしかった。温度調整がついたシャワーにしてもらいたい。
  2. シャワーの温度はお湯と水を自分で微調整して混ぜる方式ですが、調整し終わった状態だとシャワーから「キュイーン」みたいな音がするので不快。
  3. 入口のドアを注意して閉めないと「バタン!」と大きな音で閉ります。夜中にこれをされると目が覚めてしまいます。

以上を改善するのは各室にシャワーはサーモスタッド付のものに交換、ドアにはドアチェックをつけ油圧でゆっくり閉じるようにする必要があります。

ホテル経営をされている方は定期的に自分でシャワーを浴びたり、宿泊したりして快適さをチェックするのが良いと思いますし、何でも遠慮なく話してくれる人にお願いして意見をもらうのも、自分が気付かない点を指摘してくれたりするので良いのではないでしょうか。

地図 (Map)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です