【映画】スティーブ・ジョブズ【感想】

パソコン黎明期の Apple2 を覚えている人は少ないかもしれない。

私もこの映画を鑑賞して「こんなのあったな」と思った人間です。

もちろん当時、ジョブズなどという名前は知りもしないのですが。

スティーブ・ジョブズの映画

iPod や iPhone より前の時代を描いたストーリーであるので、それに興味のある人が観ても退屈なだけだろう。

ジョブズがどのようにアップル社を立ち上げ、どのように経営陣に追い出され、そして復帰したか。

そしてジョブズの「仕事と人」に対する姿勢などが描かれている。

誰が観ても「分かりやすい映画」であることが、高評価の優先事項であると考えている私としては、この映画はある程度の概略を知っている人以外にはイマイチ伝わらないのではないか?と思いました。

でもね、私はスティーブ・ジョブズに興味は無いのですが、パソコン黎明期の事はある程度知っていたので意外と興味深く観させてもらいました。

スティーブ・ジョブズ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です