ドコモ光にしてみた【YahooADSLから乗り換え】申込編

以前から変えようと思っていたんですが、今回ドコモへ行く用事があったので、ついでにドコモ光に乗り換えることにしました。

料金が非常に分かりにくいのが残念ですが、ドコモを使用している人、特に家族でドコモを使用している人で、まだADSLの人は変更した方が良いと思う。

変更前の環境は「ネットはYahoo ADSL」「電話はメタル回線でNTTの固定電話」でした。

メタル回線というのは所謂「昔からの電話線」です。

昔からの固定電話にADSLでネットしてたんです。

それで不便なかったし。

なぜ、これまで放置してきたかというと「面倒くさい」「光電話って通話の品質がイマイチなんじゃね?」「ADSLの解約が面倒くさい」といった理由でした。

ドコモで色々と試算してもらったところ、概算で毎月数千円安くなり、初期費用もほとんど負担なく導入できるということで「思い切ってやってみっか!」となりました。

さて、今回はドコモ光の申込みから完了までの流れを書いていきます。

まずドコモ光をドコモショップで申込むにあたり、現在のドコモとの契約状況(これはドコモ側で把握してるね)、自宅のネット環境など聞かれます。

あと、自宅がマンションか戸建てか、賃貸か持ち家かも聞かれます。賃貸戸建ての場合には、光回線を引き込むにあたり、外壁にビスを打ったりするので事前に許可が必要になります。

申込時にプロバイダーも選ぶので事前に決めておきましょう。

ちなみに私は「ぷらら」にしました。

次にその場で工事日を決めます。

オペレーターと電話で相談して日時を決定。今回は約1ヵ月後の工事となりました。

ADSLの解約はこちらで行わなければなりませんが、万一を考えて光が開通してから解約することにしたので、まだこの時点ではADSLの解約の手続きは行っておりません。

工事の日程を決めた後に、私の場合には固定電話をひかり電話にしますので、昔から持っている電話の権利について、今後どうするかも尋ねられました。

最近の方はご存じないかもしれませんが、電話回線は最近までは「財産」として売ったり買ったりしていたものです。

だって電話回線の権利って初めに8万円くらいで買わないといけなかった時代があったから。

もうそんな時代に戻ることはないので、電話の権利を放棄しました(2千円でNTTに預かってもらうことも出来るらしい)。

以上でドコモでの申込手続きは終わり。

後日、自宅にドコモとぷららから書類が送られてきます。大切に保管して下さい。

とくにプロバイダーから送られてきた書類はネットに接続する大事なIDとパスワードが書いてあります。

これが紛失するとネットに接続できません。

そして1ヵ月後の工事当日!

というところで長くなるので工事編へ続く

続きは下記より




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です