「おバカ大国」オーストラリア【感想文】

これはオーストラリア人をバカにした本ではありません。

どちらかと言えば「日本人はオーストラリア人を少しは見習えよ」的な内容に思いました。

「おバカ大国」オーストラリア

読み始めはオーストラリア人のルーズさや、理解不能の行動が綴られていますが、それは価値観の違い(著者は「軸」という言葉で表現しています)であり、そこが分かっていれば「理解可能」なのだと説いている。

オーストラリア人を全肯定しているでもなく全否定しているでもない。

私見としては、様々な価値観があることを理解すればストレスやトラブルが減り、楽しい人生になるのではないかと思う。

オーストラリア人から見れば私たち日本人が「おバカ」に見えるのでしょうね。

最近読んだ中ではかなり面白い本なのでオススメ。

「おバカ大国」オーストラリア




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です