ドコモ光にしてみた【YahooADSLから乗り換え】ネット接続編

光回線が開通した我が家。

次はネットをパソコンにツナげます。

既存のADSLルーターの電源を消してLANケーブルを新しいルーターに差し込みます。

Yahoo BB ADSL ルーター

これが既存のやつ。

長きに渡り活躍してくれました。お疲れ様!

パソコンとルーターをLANケーブルでつなげたら「ぶらら」から送られてきた書類の中にあるディスクをパソコンにセットして「かんたん接続ソフト」みたいなのをインストールします。

そうするとぶららのIDとパスワードを入力する画面になりますので、間違わないように入力。

・・エラーがでました。。

何回やってもダメ。

??? もしかしてドコモから送られてきた書類に書いてあるIDとパスワードを入力するのか?

で、やってもダメ。
(ドコモから送られてきた書類のIDとパスワードはネット接続で使用することは無かったです)

んー ルーターを再起動してみっか。

そしたら一発OK!

なんだソレ!

みなさんも同じ症状だったら試してみて下さい。

これでネットもつながりました。

我が家のADSL時代の接続状況は

ADSL → 有線ルーター → 無線ルーターをアクセスポイントにしてWi-Fiでノートパソコンや家族のスマホに接続

という接続をしていました。

そしてもう1つの経路もあって

ADSL → 有線ルーター(ここまでは上と同じね) → 有線LAN → HUBを挟んで PS4 と TV に有線で接続

こんな感じ。

光を開通させたので、またなんか色々とやり直すのかな・・・と思いきや!

新しいルーターの設定をパソコンでやってネットにつながってしまえば、後は設定する必要はありませんでした。

まぁそうか、Wi-Fi を変更したワケではなかったのでね。

ネットの速度は体感ではそれほど早くなった気がしないのですが、PS4でオンライン対戦ゲームをするときにpingというものが表示されるのですが東京サーバーに接続した時にADSLで25だったのが光にしたら5になったので多分早くなったんでしょう。

なぜ体感で早く感じないかというと、たぶんパソコンやスマホのスペックなのかな。

回線速度が速くてもパソコンの処理速度が追い付かないとね。

それと心配していた「ひかり電話」の通話品質ですが、従来のメタル回線と何ら変わらず。

停電したりすると固定電話は使えなくなるのかな?

まぁ携帯電話の普及で、固定電話の使用頻度も緊急時の使用も少ないので問題はゼロです。

料金に関しては日々変化していくのでここでは意図的に具体的な金額は書いてません。

もし、あなたが現在、従来の固定電話を使用しているならば、「ひかり電話」にして毎月の支払いが安くなるのでしたら、ひかり電話にしない選択肢は無いのかもしれません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です