ケントギルバート著書の日本覚醒を読んでみた

たぶん日本人より日本語が堪能なケント ギルバートさんの「日本覚醒」を読みました。

ケント ギルバート 日本覚醒

日本を愛するアメリカ人の視点で、日本がより良くなる為に取るべき方法を論じています。

もし日本人が同じような論説を説いても、裏で何かしらの力が働いた上での論説という考えが、どうしても抜けきりません。

ケントに理路整然と説明されると納得してしまうのは、彼が知的であり、日本人を愛し、そして自らの考えで(誰からの圧力も無く)日本が良くなる方法を述べているからでしょう。

この人が政治家だったら応援しちゃうな。

文章も小難しい言い回しもないので、スラスラと読み進められます。

ケント、日本語ウマ過ぎでしょ~

是非、読んでみて欲しい一冊です。

日本覚醒




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です