トムクルーズのアウトロー(Jack Reacher)の感想

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」のDVDがもうすぐ発売ということで、改めて前作「アウトロー」を鑑賞。

トムクルーズ ジャックリーチャー

邦題を「アウトロー」にしちゃったのが悔やまれます。

「ジャック・リーチャー」で良かったのに・・

トムクルーズが自らの「正義」を信じ「法律なんかクソくらえ!正義は我にあり!」とまでは言わないのですが、皆が思いもしなかった事件の真相へと迫ります。

少し分かり難い部分もあるし、話しが「こうなる?」という点も。
(たとえば犯人の動機、トムを助ける射撃場のオッちゃんが何で出てくる?みたいな)

トムが容疑者となるあたりは観ていても楽しかったです。

カーチェイスで逃げるシーンも良かった。

もちろん私は「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」は映画館で鑑賞したのですが、NEVER GO BACK の方が面白かったです。

ミッションインポッシブルシリーズよりジャックリーチャーの方が映画として「作りやすい」から、もしかしたら第3弾もあるかもしれませんね。

アウトロー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です