エイリアン コヴェナントを観たので感想

早速鑑賞してきました。

エイリアン コヴェナント

エイリアン コヴェナント

何の予備知識も無く観てきたのですが、この作品は時系列的には「プロメテウス」の後の展開ということを鑑賞後に理解しました。

プロメテウスは観ていたし、面白かったのである程度の話は覚えていましたので良かったです。

プロメテウスを観てない人でも、ある程度は楽しめますが、可能でしたら観ておく事をお勧めしときます。

移住先の惑星へ向かう宇宙船が、途中で奇妙な信号をキャッチ。

その発信源は移住予定先の惑星よりも好条件の星。

さて、そこへ調査の為に降り立つと・・

という内容です。

監督がリドリー・スコットですから安心感はあります。

ただ、鑑賞している側がドキドキ感や大きく恐怖を感じるようなシーンがもう少し!という感じ。

リドリー・スコットならもう少し良い仕上げが出来たろうに。

あと、アンドロイドも重要なポイントとなるのですが、もう少しアンドロイド感を前面に出した方が分かりやすくなったかな。

偉そうに評論家ぶった文章でスミマセン。

駄作では無い事を付け加えておきます。

エイリアン コヴェナント




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です