【映画】オブリビオン【感想】

トム主演のオブリビオン

大好きなトムクルーズが主演の映画「オブリビオン」。

ところで oblivion という単語は日本人には聞き慣れない単語です。

意味は「忘れられている状態」「忘却」。

映画を見た後に調べて納得のタイトルでした。

ざっくりとしたストーリーは

エイリアンに攻め込まれ荒廃した地球にたった2人、トムとヒロインが残っている。
残党を始末する為のドローンの監視とメンテの職務についてはいるが・・

といった感じ。

しかし、この映画はエイリアン vs 人類というシーンは出てこない。

トムが操る近代的な兵器がチャチかったのが残念。

もう少し製作費をかけてリメイクしたら? もっと良くなるのに。

テンポは良かったね。飽きることはなかった。

ただ、毎度のことながら「制作側は分かっているが観客に伝わりにくい」という点があった。

名作といわれる映画はこういう点が無いんだよね。

ドローンの描き方は上手だったのではないでしょうか。

オブリビオン




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です