【感想】職務質問 新宿歌舞伎町に蠢く人々

ノンフィクション警察ものが好きなので読んでみました。

新宿歌舞伎町 職務質問 高橋和義

著者は制服の警察官であった、所謂「おまわりさん」だった人のようです。

歌舞伎町で積極的に職務質問をした経験を語っています。

職務質問の重要性を主張しているのが文章から溢れています。

ただ「読み物」としては職務質問からの逮捕という事実が述べられ、著者の感想や若干のエピソードも加わってはいるものの、時を忘れてのめり込むような内容と文章ではなかったです。

警察もの(刑事ものではない)が好きな人はどうぞ。

職務質問 新宿歌舞伎町に蠢く人々




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です