映画 「ザ・マミー」 観て来ました

夏休み期間中にトムクルーズの映画「ザ・マミー」を観てきました。

映画 ザ・マミー

アメリカでの評価は悪かったのですが、トムクルーズ主演ですから観ないわけにはいきません。

今回のトムは墜落する飛行機内の無重力のような空間に、もちろんスタントなしで果敢にチャレンジしてくれています。

このシーンでもパラシュートを女性に装着してあげて、自分はそのまま墜落機の中で覚悟を決めるという男前シーンがあります。

うーんステキ

男の私でも惚れてしまいそうです。

しかしトムは何故か自分だけ無傷で助かり・・

これ以上は作品でお楽しみ頂くとして、個人的な感想ですが、何度も観たくなるほどではないです。

鑑賞中に飽きる事は無かったですし、ストーリーも理解しやすい作りとなってます。

でも、トムクルーズの格好良さやスリリングなシーンなどは他の作品と比べると評価は低いです。

酷評されるほど悪くはないですけどね。

「古代の呪い」とか少しファンタジックな内容でしたので、その点も私の低評価につながりました。

でも、トムファンはとりあえず観ときましょうね。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です