映画 ミッション・インポッシブル 個人的ランキング

2018年に第6弾の公開が予定されている映画「ミッション:インポッシブル」シリーズ。

もちろん全作品観てます。

そんな私の個人的MIランキングを書いてみます。

あくまでも私が面白いと感じたランキングです。

追記(2018年8月):フォールアウト(第6作)を観たので6を含めたランキングも書きました。

ミッションインポッシブル 1~6 勝手にランキング

第1位 ゴースト・プロトコル (4作目)

mission-impossible-4

ランキングと書いといて矛盾するのですが、1位~3位までは順位をつけるのが難しい程、どれも楽しめる作品です。

悩みに悩んで4作目のゴーストプロトコルを1位にしました。2011年公開。

この作品ではトム演じるイーサン・ハントとIMFは、核戦争を目論む謎の男と対峙する。

有名なシーンといえばドバイでのブルジュ・ハリファのシーン。

トムクルーズがスタントなしでブルジュ・ハリファの外壁をよじ登ります。

私はロシア刑務所のシーンとムンバイでの対決シーンが好きです。

第2位 III (3作目)

mission-impossible-3

現場から離れ、IMFの教官としてエージェントの育成に携わっていたイーサン・ハント。

危険な現場から離れたイーサンは、ついに結婚をすることになるのですが、教え子のエージェントが捕らえられた事で現場に復帰することとなります。

そして、謎の物体「ラビットフット」を追うことに。

ちなみにラビットフットは最後まで謎のまま。

これを映画の技法で「マクガフィン」と呼ぶそうです。

好きなシーンは護送中の橋の途中での戦闘シーン、上海でラビットフットを手に入れようとするシーン。

2006年公開。

第3位 ローグ・ネイション (5作目)

mission-impossible-5

ならずもの犯罪組織「シンジケート」をイーサン・ハントが調査中にIMFが解体。CIAに吸収されるという事態に直面。

四面楚歌のイーサンに友人でエージェントのベンジーが加わる。

4作目からベンジーが相棒的な役目となることで、物語に面白さと分かりやすさが増したと思う。

2015年公開。

好きなシーンは、あの有名な冒頭の飛行機のドアにぶら下がるシーン、そして、水中でデーターを入れ替えるシーン。

水中のシーンはどうやって撮影したのだろうか?

第4位 ミッション:インポッシブル (1作目)

mission-impossible-1

トム・クルーズが初めて製作プロデューサーした作品。

CIAに潜入する中釣りシーンが有名ですね。

1996年公開ということもあり、今観てみると所々に古さというかCGの粗さが見えたりします。

また、華麗なスタントやアクションは少なく、ストーリーもやや複雑ではあるので、途中で分からなくなると、もう楽しめなくなるでしょう。

スパイ映画らしい作りですが、私の好みとは外れていました。

第5位 ミッション:インポッシブル2 (2作目)

mission-impossible-2

んー・・・・

トム・クルーズ大好きの私ですが、この作品については辛口です。

監督がジョン・ウーだからなのか、トムが香港のアクションスターみたいになってます。

トムの格好良さはソコじゃないから!

あと、やたらとマスクで別人に変装してたりして、「それじゃ何でもアリじゃね?」って思ってしまったりして。

これはもうね・・観なくて良いです。

2000年公開。

総評

3・4・5 の3作品はどれも面白く完成度が高いです。

このシリーズは3から観ても問題ありません。
(それぞれ独立した話ですので4からでも5からでもOK)

シリーズものとしては3作目から面白いというのは珍しいですね。

スパイ映画として観ると「スパイぽくない」という意見もあるので、「エージェントアクション映画」として観て頂きたいと思います。

ミッション:インポッシブル




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です