ボストンマラソン爆破事件の映画 パトリオット・デイ

まだ記憶に新しいボストンマラソン爆破事件を描いた映画です。

パトリオット・デイ

犯人を追い詰めていくのですが、クライム「アクション」的な要素は少なめなので、前半は若干退屈だったりします。

エンターテイメントとしての映画なら、冒頭から退屈させない展開を描くのでしょうが、パトリオット・デイでは被害に遭うそれぞれの市民や警察官の日常を描いています。だから若干退屈、しかし、それが有るからこそ映画に入り込めたのだと見終わってから思えました。

アメリカ万歳的な映画であるのは間違いないのですが、他とは少し違う何かを感じ取れる映画であったと思います。

犯人側が事件を起こすまでの心理にも焦点を合わせてくれたら最高でした。

実話を基にした映画が好きなら是非。

パトリオット・デイ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です