山里亮太の本「天才はあきらめた」感想

山里亮太 天才はあきらめた

特に山里亮太のファンではありませんが、タイトルに魅かれて購入。

芸人として売れている方が書いてますので楽しく読めました。

天才は努力してなれるものではないからこそ「天才」なのでしょう。

誰しもが思ったことがあるのではないだろうか?

「自分は天才だ!」と。

その考えが間違っていた事を知り、心がモヤモヤしている時に読んでもらいたい一冊です。

著者(山ちゃん)は客観的に自分を分析することに長けている「優等生」なのではないだろうか。

そして、自らの過去の反省(元相方へのふるまい等)も赤裸々に書いている。

これはかなり勇気のいる事である。

自らを偽り、美化する傾向にある人間にも送りたい一冊だ。

天才はあきらめた 山里亮太

Amazonでレビューも書きました




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です