だから生きる つんく闘病記

つんくの本

もともと有名であったシャ乱Qの「つんく」さんが執筆した闘病記。

声帯摘出のニュースを聞いた時には衝撃的でした。

発症前の自身の生活環境、ひとめぼれからの結婚、そして発症。

ちなみにシャ乱Qの事はあまり語られていません。

セカンドオピニオンの大切さを経験者から学んだような気がしました。

「だから、生きる。」

Amazonでレビューも書きました




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です