【映画】レヴェナント 蘇えりし者【感想】

レヴェナント 蘇えりし者

西部開拓時代のアメリカでの実話を基にした映画。

主演はディカプリオ。

熊に襲われたディカプリオは九死に一生を得るが、仲間に見捨てられる。

しかし、超人的な生命力と気力で生き抜き、復讐に挑む物語。

時代背景などが日本人には馴染みが薄いという事もあり、少し分かりにくいパートもあったりはしますが、まぁ普通に退屈せずに観ることが出来ました。

また、実話を基にしているが、映画というエンターテイメントにする為、フィクションも含まれているそうです。

まぁ、実話を基にした映画というのはだいたいそうです。実話の通りの映画は「ドキュメンタリー映画」みたいになりますから。

最終評価ですが、私が人にオススメできる映画かと言われれば「ヒマなら観てみて」という感じ。

何回も観たいとは思いませんでしたとさ。

レヴェナント 蘇えりし者




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です